取り組みについて

パソコンでは作成や複製が行えても、複数台のデバイスを繋がなければ1度に1枚ずつの作成が基本となっています。DVDデュプリケーターは1度に複数の複製が行えるということが違いとなります。もう1つ、パソコンでのDVD作成とDVDデュプリケーターで作製する違いは、コピーガードを付帯する機能や、エラーチェックをコンペアー機能により行うことができるということです。複製防止であるコピーガードに見られるようにDVDデュプリケーター開発においては機密情報漏洩防止に対応できる製品の研究に取り組んでいます。

DVDデュプリケーターは主にどのような場合に役立てられ、どういう人々に必要とされているのでしょう。主だった使用先は映像関連を始め、医療関連、企業などがDVDデュプリケーターを必要とする割合の多くを占めています。DVDデュプリケーターは大量のDVDやCDが1度に作製できます。機種によりブルーレイも作製複製が可能となっているものもあります。パソコンとの接続を行わず単独でDVD作成や複製を行うことが出来る機器であり、DVDを作成する場合のソースはHDDやUSBメモリなどの媒体から読み込みが行えます。個人の記念動画や自作映画などを知人などに配りたい場合にDVDデュプリケーターを利用すれば作業は早くに終わります。個人での作製で特別な時以外あまり使わないのであれば、コピーサービスを利用する手段もあります。