手間をかけない

数十枚、あるいは百枚単位となるとパソコンで1枚ずつコピーしていたのでは非常に手間がかかってしまいます。そんなときに便利な機材が、DVDデュプリケーターです。デュプリケーターとは複製機という意味ですが、DVDデュプリケーターは短時間で大量のDVDを複製することができるマシンです。DVDデュプリケーターは、DVDコピーサービスを手がける専門業者の多くが使用しています。また小売りもされているので、DVDを作成する機会の多い企業等であれば購入して自ら使用することもできます。

デュプリケーターは最初、音声用CDをコピーするための機械として開発されましたが、現在はCD・DVDどちらでもコピーできるマルチディスク対応のデュプリケーターが主流になっています。DVDデュプリケーターは1回につき1枚のコピーDVDを作成するものから、10枚以上コピーできるものまでいろいろな製品があります。複数枚をコピーする場合も同時並行作業となるので、パソコンでいちいちコピー用DVDをディスクトレイに出し入れするよりもはるかに短い時間でたくさんの枚数を作成できます。もちろんデジタル信号をそのままコピーするので、画質の劣化もありません。操作も簡単です。メイントレイにオリジナルのDVDを入れ、残りのトレイにコピー用DVDを入れたらあとはいくつかのボタン操作を行うだけです。